住野勇財団とは

ご挨拶

皆さん、こんにちは。
当財団は、関西を盛り上げ、関西から日本を元気に、そして関西からこの地球(ほし)を元気にしたい!という壮大な目標を掲げて、2017年3月31日に設立いたしました。

当財団ビルには、日本の素晴らしさを日本古来の和紙にさまざまな手法を取り入れた、切り絵画家 久保修氏独自の絵画的な切り絵を常時展示している「久保修切り絵ミュージアム」がございます。構想から制作まで約五年の歳月を要した「切り絵で描く 七十二候」は、縦90㎝×横10mもあり圧巻です。また、昨年は新作として横2mの春夏秋冬をテーマにした作品5点も展示されました。また、カフェKirieでは、元トワイライトエクスプレスのシェフが作るランチプレートや手作りスイーツをご用意し、切り絵ミュージアムにご来館いただいたお客様や地域の方々に喜んでいただけるようなお店でございますので、ご来館の際には是非お立ち寄りください。
昨年は厳しい一年でございました。その分今年は、昨年以上に皆様のお力になれるように財団の基本目的を実行してまいります。また、昨年実施できなかった楽しい企画も新たに計画する予定ですので是非ご参加下さい。

小生、今年で99歳です。目標は変わらず120歳です。
生涯現役で頑張りますので、皆さんも一緒に関西から元気を発信しましょう! 2021年1月
代表理事  住野 勇

住野勇  経歴

大正11年5月8日 大阪に生まれる
昭和33年2月1日 大豊産業株式会社(現㈱オートバックスセブン)入社、取締役に就任
昭和60年1月 代表取締役副社長に就任
平成 2年6月 代表取締役副会長に就任
平成 6年6月 取締役相談役に就任
平成12年7月 役員退任、特別顧問に就任
平成12年7月1日 財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 設立
平成22年3月1日 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 移行認定
平成26年6月 株式会社オートバックスセブン特別顧問退任
平成29年3月31日 一般財団法人 住野勇財団 設立

理念

感謝

基本目的

この法人は、文芸、美術、音楽等の芸術、伝統芸能、文化、健康、教育、スポーツの普及向上及び、これらに関する助成事業を行うことにより、社会の健全な発展に寄与することを目的とする。

組織

理事 住野 勇
山本 弘
井手 秀博
吉田 晋次
藤井 秀樹
井上 直子
勝島 雅彦
監事 藤村 勝
松谷 幸一
評議員 住野 耕三
杉河 修
須田 博文
松下 貴公代
竹谷 広美
磯﨑 慶
福本 美枝子